フルート,リサイクルショップ 日野市 多摩市 町田市 八王子 市相模原市 大和市 座間市 綾瀬市 海老名市 厚木市 伊勢原市 平塚市 不用品買取 家具家電 厨房機器 オフィス家具,リサイクル中村 買取センター


現在表示しているページ
トップ > 不用品買取の対象商品 > 楽器の不用品買取 > フルートの不用品買取

フルート
不用品買取はお任せ!

一般的なフルートは、同属楽器と区別する場合、グランド・フルートまたはコンサート・フルートとも呼ばれ、通常C管である。19世紀にドイツ人フルート奏者・楽器製作者テオバルト・ベームによって大幅に改良され、正確な半音階と大きな音量、貴金属の管体を持つようになった。この改良によって生まれたフルートは、ワーグナーをして「その大砲をどけろ!」と言わしめた代物である。フルートは発音にリードを用いないため、ほかの管楽器よりもタンギングの柔軟性は高い。また、運指が比較的容易なことから運動性能は管楽器の中で最も高く、かなり急速な楽句を奏することも可能である。管楽器の中で音量は小さい方であるが、音域が高いため耳につきやすい。フルートの音色は鳥の鳴き声を想起させ、楽曲内で鳥の模倣として用いられることも多い。有名でわかりやすい例として、サン=サーンスの組曲『動物の謝肉祭』の「大きな鳥籠」、プロコフィエフの交響的物語『ピーターと狼』などが挙げられる。フルートは独奏や室内楽で用いられるほか、オーケストラおよび吹奏楽においても定位置を確保しているが、ジャズでの使用頻度はサクソフォーントランペットなど、ほかの管楽器と比較して低い。また、ジャズ専門のフルート奏者は少なく、サクソフォーンなどのジャズプレイヤーが持ち替えるか、フルート奏者がクラシックとジャズの両方で活動するというケースが多い。楽器はキーを右にして構え、下顎と左手の人さし指の付け根、右手の親指で支える。楽器は両肩を結ぶ線と平行に持つのではない。右手は左手に比べて下方、前方にある。奏者は正面ではなくやや左を向き、右に首をかしげている。昔はもっぱら木で作られていたが、後に出現した金属製が現在では主流となっている。なお、発音に唇の振動をもちいないので、金属でできたフルートも木管楽器である。

 

お電話・オンラインフォームでの不用品買取申し込みは、こちらから

不用品買取のお申し込み


リサイクル品販売

買取エリア

買取商品

コラム


このページのトップへ