フリッツハンセン,リサイクルショップ 日野市 多摩市 町田市 八王子 市相模原市 大和市 座間市 綾瀬市 海老名市 厚木市 伊勢原市 平塚市 不用品買取 家具家電 厨房機器 オフィス家具,リサイクル中村 買取センター


現在表示しているページ
トップ > 不用品買取の対象商品 > ブランド家具の不用品買取 > フリッツハンセンの不用品買取

フリッツハンセン
不用品買取はお任せ!

 

Fritz Hansen / フリッツハンセン

 

創業は1872年、曲げ木を得意とし、木材が描く優雅でしかもシャープな曲線で人々を魅了しましたが、20世紀を通じ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーをはじめ多くのデザイナーと提携し、近代的な北欧でのデザイン概念を定着させました。代表的な作品としては、「エッグチェア」 コペンハーゲンSASロイヤルホテルの設計に際して、1958年にデザインされました。発砲ウレタンを加工した画期的な手法と独特のフォルム。カラダをすっぽり包み込む、卵を思わせるその形状からエッグと名付けられたユニークな作品です。質量感あふれるスタイルは、エグゼクティブなムードを漂わせます。「スワンチェア」エッグチェア同様、コペンハーゲンSASロイヤルホテルの設計に際してデザインされものです。第2回国際家具コンペにおいてみごと入賞をはたしました。白鳥をイメージさせるフォルムから名付けられたスワンは、北欧デザインを代表する作品のひとつです。ハンス・ウェグナーによる「チャイニーズチェア」(1945年)、アルネ・ヤコブセンによる「アリンコチェア」絞った腰のラインと細長い脚がアリを連想させるところからアリンコ(蟻)の愛称で世界的に親しまれています。1984年に査定評価がもっとも厳しいIDクラシック賞を受賞。座面、背面を一枚の三次元形成合板で作られた世界で初めての椅子です。また、デンマークで積み重ねることが可能な「スタッキング」機能を初めて付けたのもこの椅子です。(1952年)や「セブンチェア」(1955年)アリンコ(蟻)チェアのバリエーションとして発表されたアルネ・ヤコブセンの代表作です。座面は薄い7枚の板と2枚の仕上げ板を合同加工すると同時に椅子の形に形成するという高度な技術が、手入れが簡単で、軽くて扱いやすく耐久性に優れたチェアを産み出しました。アリンコチェア同様に、積み重ねることが可能な「スタッキング」機能が付いていますので、使わない時などは簡単に片づけられ便利です。などが挙げられ、その製造技術の緻密さは、今日の工業化された製造手法のパイオニアであるだけに定評があります。

お電話・オンラインフォームでの不用品買取申し込みは、こちらから

不用品買取のお申し込み


リサイクル品販売

買取エリア

買取商品

コラム


このページのトップへ